【 目次 】

「死にたい」と「死んじゃおう」では意味が違うけれど。。

私だってワキガが原因で何度も死にたいと思った

私の死にたい願望を変えさせた、ある怪談話

死にたい!という気持ちは分かるけど、本当に死んじゃダメ!

ワキガは必ず克服できる


.

「死にたい」と「死んじゃおう」では意味が違うけれど。。

今回のお話しは、 ワキガに苦しんでる人なら、 誰でも一度は思ってしまう
「死にたい!」
という気持ちと、 私が経験した「死にたい」気持ちを変えさせた、 ある怪談話についてお話ししたいと思います。

真剣に受け止めるも良し!
くだらないと受け止めるも良し!

お堅いことは抜きにして、 いつもとちょっと違う趣向でザックバランにいきますね!



ニッポン全国民の約10%はワキガだと、 昔から言われていることを知っている人も多いと思います。

それでも、世界全体と比べたら全然少ないほうで、 国によっては、70%以上。。あるいは90%以上がワキガという国もあります。

それに、最近は国際結婚も珍しくなくなってきていて、 ハーフの子供達も増えていますよね。


ワキガは基本的に「遺伝」からなるものなので、 両親のどちらから外国人の場合、子供がワキガになる確率も高くなるわけです。

ニッポン人の10%はワキガ。。 というのは、まだ国際結婚が珍しかった頃の話しなので、 実際には年々増えているハズです。



でも、
「死にたい!」
と思うほど、手の打ちようがないワキガの人って、 いったいどれだけいるんでしょう。

ヨーロッパやアフリカなど、ワキガの人が、人口の半分を超えるような国では、 ワキガが苦で「死にたい!」なんて考える人は、まずいないでしょう。

それこそ「Why?」ですよ。。

ワキガ人口が極端に少ないニッポンならではの発想ですよね。

でも、ワキガの人に一度でも「死にたい願望」が脳裏をかすめるのは、 ワキガの人間に対する
・いじめ
・周囲の冷たい視線
・差別
・ワキガへのコンプレックス

などがあるから、そうなってしまうんです。

しかし、
「もう死にたい!」と
「死んじゃおう!」
とでは、全く意味が違ってきます。

「死にたい!」は、本気で死のうとは思ってないけど、 それくらい辛いときに、ついつい思ってしまうこと。

「死んじゃおう!」は決断を意味してます。

これは、 ワキガ(特に重度のワキガ)を経験した者でなきゃ理解できないでしょう。。

特にワキガの場合、他の病気や悩み事と違って
他人に相談できない
というのが一番の問題です。


自分一人でモンモンと悩んでいるうちに、 精神的なストレスが溜まっていって
・うつ状態
・死にたい願望
になってしまうのは、当たり前のことです。

.

私だってワキガが原因で何度も死にたいと思った

以前、他の記事でも書いたことがありますが、 私は高校3年生の時にワキガを発症しました。

みるみるうちにワキガの症状は悪化していって、 発症から1年が経った頃には「重度のワキガ」にまでなってしまったのです。

それ以来、十数年間
・いじめ
・周囲から受ける迷惑そうな視線
・職場を転々とせざるを得ない
・うつ状態
・引きこもり
・ワキガ手術するも再発

とにかく、自分で言うのもなんですが。。 よく死ななかったな~
今思うと不思議なくらい、 ワキガには悲惨な思いをさせられてきました。

もちろん
「死にたい!」
なんて、毎日思ってたし、
一時期、うつ状態の時に通ってた、 心療内科から処方される睡眠薬を大量に飲んだこともあります。

その時は、
「死にたい!」から「死のう!」に変わる程、 精神的にもおかしくなっていたんでしょう。

そんな私が、あることをキッカケに、 あれだけ「死にたい」と毎日のように思っていたのが、 ピタッと止まったんです。。。

.

私の死にたい願望を変えさせた、ある怪談話

私が唯一ワキガのことを忘れられる時間があります。
それが、怪談話を聴いている時。。

世の中には「霊」が見える人と、見えない人がいるそうですね。

だけど私は、
・霊感ゼロ
・心霊体験ゼロ
ビビりのくせに、なぜか子供の頃から怖い話を聞くのが好きなんです。

こんなこと書いてると
「頭おかしいんじゃないの?」
とか言われそうですが、 まあ、そこは大目にみてください。


これは、私がワキガに悩み過ぎて、 家に引き籠っていた時に、たまたま聞いてた怪談話です。

それまでは、
「死にたい!死にたい!」
が、いつも頭の中にあったり、 ついには家族にまで、口癖のように普通に言うようになってました。

それが、この話を聞いて以来、 考え方が変わったんです。

長くなると、読んでて飽きちゃうんで、 なるべく短めに、その話しを紹介しましょう。。


富士の樹海で、自殺した男に憑依(ひょうい)された友人

この話の登場人物は3人の男性。

仮に
・田中さん(32歳)
・高橋さん(32歳)
・鈴木さん(31歳)
としておきましょう。

3人は中学時代からの親友で、就職先はバラバラなものの、 地元は一緒なので、よくお酒を飲みに行ったりしてたそうです。

この3人の共通点は
・お酒が大好き
・釣りが趣味
そして「心霊スポット巡り」でした。。
ある時、高橋さんが、3人でお酒を飲んでる席で、 こんなことを提案しました。

高橋「よう。。今度久しぶりに心霊スポット巡りにでも行ってみないか?夏だしさ。。」

2人「ああ。。昔はよく行ってたけど最近行かなくなったな~」

3人「んじゃあ、今度の週末に久しぶりに行ってみっか!」

高橋「よし!決まった。。ところでどこに行く?」

田中「富士の樹海なんてどうだ?」

高橋「いいねー!考えてみたら、俺たち今まで色んなとこ行ったけど、 樹海はまだ行ってねーもんな」

すると、
鈴木「おい。マジかよ!」

いつもなら、心霊スポット巡りというとノリノリだった鈴木さんが、 なぜか、その時だけは躊躇したのです。

田中「おい鈴木。いつものノリと違うじゃんか。。」

実は鈴木さん、以前にも全く他のメンバーと樹海に行って、 恐ろしい体験をしてたのです。
しかし、高橋さん、田中さんは行く気満々だったので、 仕方なく行くことになってしまいました。


自殺者の霊に憑依(ひょうい)された鈴木さん

樹海へ出発する当日、3人は午前0時に待ち合わせ、 1台の車に乗り込み出発しました。

樹海に到着したのは、午前1時半を回った頃。

3人は、各々の手に懐中電灯を持ち、 はぐれないように、ピッタリ寄り添いながら、 樹海の中をゆっくり進んでいったのです。



あたりは「シーン」としていて、時々、風で木が揺れる音がするくらい。。 夏だというのに何だか薄ら寒い。

距離はどれくらい歩いたか分からないが、 異変が起こったのは、3人が樹海に入り込んで30分ほど経った時でした。

突然、一番後ろを歩いていた鈴木さんが歩くのを辞めてしまったのです。

それに気づいた、田中さん、高橋さん。

2人「おい、どーしたんだよ!」

そう問いかけても、黙って、突っ立ったままの鈴木さん。

2人「もたもたしてると置いてくぞ!」

鈴木さん「・・・・・・・・・」

異変を感じた、田中さんと高橋さんは、鈴木さんのもとへ歩み寄りました。

すると、鈴木さんは、ボーっと、突っ立たまま、小声で何かを喋っているのです。

何を喋っているのか聞き取れない2人は、 さらに鈴木さんの口元に顔を近づけました。

すると、鈴木さんはこんなことを言っていたのです。

鈴木「ダメだったんだ。。。どんなに努力しても、どんなに頑張ってもダメだったんだ。。」

鈴木「でも、全部俺の責任さ。。」

鈴木「優子(奥さん)、健太郎(子供)。。ごめんなさい!」

鈴木「お父さんは、、、お父さんは、、、ぶぁ~!」

そう号泣しはじめると、ひざまずいてしまったのです。
続けて、

鈴木「優子に会いたいよ~!健太郎にもう一度会いたいよ~!」
そう叫んだのです。

それを黙って聞いていた、心霊好きの田中さんと高橋さんの頭の中に浮かんだのは。
「憑依(ひょうい)」

憑依とは、死んだ人が、生きた人に乗り移り、 その人の体や言葉を借りて、死んだ後の心境を語ること。

きっと、鈴木さんに憑依した男は、 生前、家族にも言えないことで悩み、苦しみを1人で抱えたまま、 最終的に「死」を選んだんでしょう。

・莫大な借金?
・人間関係?

それが何かは分かりません。

ただ、その男は、一人で悩み続けた結果、 死を選び。妻と小さな子供を残して、 たった1人で、樹海で命を絶ってしまったのです。


しかし、「あの世」へ行っても、 妻と子供を残して、自分だけ死んでしまったことを後悔し続け、 それを何とかして、誰かに伝えたかったんだと思います。

そこへ、たまたま、憑依されやすい体質の鈴木さんが通りかかったため、 鈴木さんの体を借りて、

あの世へ行っても、残してきた家族を思う気持ち。。、 死んだことに対する後悔の念を伝えたかったと思うんです。

そんな男のせつない胸の内を黙って聞いてた、田中さん、高橋さん。。

怖いというより、 残した家族への懺悔(ざんげ)を必死に訴えかける男の気持ちに同情が湧き、涙したそうです。

その後、鈴木さんは一瞬意識を失い、 意識が戻った時には、いつもの鈴木さんに戻っていました。

もちろん。鈴木さん本人は、 自分に何が起こったのか?なんて覚えていません。

当然、心霊スポット巡りは即刻中止して家に帰ったそうです。

それ以来、田中さんと高橋さんは、今起こったことは鈴木さんには一切喋ることはありませんでした。




後日、鈴木さんが話したこととは?

それから1カ月ほどが経ち、 そんな事件があったことも忘れかけていた頃でした。

たまたま会社帰りで一緒になった高橋さんと鈴木さん。
たまには飲みに行こうかと、居酒屋へ行ったそうです。

そこで、高橋さんは鈴木さんから思わぬことを聞きました。
その話しの内容とは。

鈴木「そういえば、この前、樹海に行っただろう」
高橋「ああ。。」

鈴木「あの日の翌日からなんだけどさ。。。毎日同じ夢を見るんだ」
高橋「夢?」
鈴木「そう。毎晩毎晩な」

鈴木「夢の中でさ、見たこともない男が現れて、俺に向かって、 ゴメンナサイ、、本当にゴメンナサイ!ってひたすら謝るんだよ」
高橋「男って、だ・誰よ」

鈴木「それが俺にも分からないんだけど。。散々謝ったあとに、 俺の手を引いて、道を案内していくんだ」

鈴木「10分くらい歩かされて、いつも着く場所は、同じ一軒家なんだよな」

鈴木「それで。あんまりにも同じ夢が続くんで、 実際に、いつも引っ張られていく道を行ってみたんだ」

鈴木「そしたらさ。あったんだよ」
高橋「あったって、何がよ。。」

鈴木「まさに夢に出てきた一軒家と全く同じ家があるんだよ」

高橋「それで。。」

鈴木「その家の前にボーっと立ってるのも、怪しいヤツと思われるから、 何となく、その家の前を行ったり来たりしてたんだ」

鈴木「そしたら、家の中から30代くらいの奥さんが出てきて、 目が合っちゃったんだよ」

鈴木「何か御用ですか?なんて言われちゃったんだけど、 夢の話しをしたところで怪しまれるだけだからさ」

鈴木「いや。。学生の頃、ご主人と友達でして、 久しぶりに会おうと思ったんですけど、家の場所が分からなくて。。。多分ここじゃないかと。。」

奥さん「そうですか。。わざわざありがとうございます。」

奥さん「実はウチの主人は2年前に亡くなったんです」

奥さん「ご迷惑でなければ、お線香の一本でも。。」

鈴木「そう言うんだよ」

鈴木「でも、実際は、その死んだ旦那さんとは何の面識もないわけだからさ。。 丁重にお断りして帰ってきたんだ」

鈴木「んでな。。何気なく家の表札をみたら」

鈴木「○○優子、○○健太郎って書いてあったんだ」

その話しを聞いていた高橋さんの顔色が、みるみる青くなっていったのは言うまでもありません。

あの日、鈴木さんに憑依した男が言っていた名前。それが
「優子。健太郎」
だったからです。

もちろん。鈴木さんは当日の事は何も覚えてないわけですから、 ”不思議な夢”というだけなんですね。


話しはこれで終わりです。

.

死にたい!という気持ちは分かるけど、本当に死んじゃダメ!

話しがワキガと随分離れちゃいました。。

実は、今回お話ししたのは、ほんの一例で、 似たような話を色々聴いているんですが、 ある時「フッと」思ったんです。

今まで私が聴いてきた全ての話しで、 唯一共通しているのが
「あの世」に行っても後悔の念は続くんじゃないか?ということ。。

人間は、生きて間には、 苦しいこと、辛いこと、死にたいこと、 色んな苦しみがあります。

だけど、その辛い状態で自ら命を絶つということは、 肉体は無くなっても、魂は、その時の思いを背負ったまま「あの世」に行くんだと。

普通に考えたら、

死んでしまえば、今の苦しみから逃れられる。

そう思ってしまいがちですが。。 それは間違いで、

実際には「あの世」に行っても、精神は死んだときの苦し状態が、ずっと続くんじゃないかと。

そんなことを思ってしまいました。

ワキガになってしまったせいで、 人生が暗くなってしまったり、「うつ病」になるまで精神的に追い詰められる人もいるでしょう。

そんな時、
「何故こんな目に合わなきゃ。。」
「何故こんな体に生まれたの?」
「生きてても楽しくない!」
と、思うのは当然のことです。

でも、どんなに辛くても、本当に死んでしまったら、おしまいです。。。


そこで命を絶ったからといって、 決して「あの世」で楽しい事が待っているわけではない んです。

それに気づいた私は、2度と
「死にたい」
などと考えないようにしました。

.

ワキガは必ず克服できる

話しが段々暗くなってきちゃいましたね~ スミマセン。。

では、ワキガの話しに戻しましょう。

単刀直入に言ってしまうと、
ワキガは必ず克服できる!
ということを、私は自信をもって言いたいです。

それは、私自身の辛い体験からも証明できます。

最初に話したように、私は高校生の時にワキガを発症してしまったおかげで、
・いじめ
・職場での差別
・うつ
・ひきこもり
・ワキガ手術するも再発

ワキガのせいで、人生で一番楽しい青春時代を、 普通の若者のように満喫することができませんでした。

けれども、もうすぐ30歳になろうとしている私ですが、

「あれだけ酷い重度のワキガ」

が、今では軽度以下のワキガの症状まで抑えることが出来るようになって、 毎日を楽しく過ごせるようになったのです。

なぜ私が、そこまでワキガを克服することが出来たのかは、 実は、凄く単純な方法だったんです。


そもそもワキガの臭いは、
「脇汗」が原因ですよね。

脇汗が出るから、そこに雑菌が付着して、臭いが発生し、 どんどん臭いが強くなっていくわけです。



逆に考えれば、
「脇汗」さえ抑えてしまえば、臭いも発生しなくなると思いませんか?

そこで、私が使い始めたのが
「ワキガ専用クリーム」
なんです。

私が愛用している「ワキガ専用クリーム」は


クリアネオ
これを使って以来、 手放すのが不安にさえなってしまった、愛用のワキガ専用クリーム。



ドラッグストアなどに置かれている、 いわゆる「市販の制汗剤」は、ワキガには効果がありません。

市販の制汗剤は、あくまでも「普通の汗対策」に作られたものです。

だから、軽度のワキガなら、ある程度効果はありますが、 それ以上のワキガになると、逆に臭いを悪化させてしまう可能性があります。


ワキガ専用クリームの大きな特徴は、 「脇汗」が出るのを完全に抑えてしまうこと。

脇汗を2段階でブロックします

・毛穴を引き締め脇汗をブロック
・金属鉛で毛穴にフタをしてしまう
毛穴を引き締める効果(収れん作用)は、 正直、重度のワキガになってくると、時間の経過とともに効果が薄れてきます。

しかし、
引き締め効果が薄れてきても、 クリアネオには、パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が入っています。

この成分は、金属鉛を作り出し、毛穴全体にフタをしてしまうことで、 長時間でも効果が続きくのです。 もちろん、体に害はありません。


例えるなら、
道路に重いマンホールを置いて、水が外に出ないようにしているようなものですね。
この2つの効果で、脇の下は、いつでもサラサラ状態。。

もちろん、汗が出なければ臭いも発生しないので、 これで完璧にワキガを克服することができるのです。

これ1つで、私は十数年続いたワキガの悩みから解放され、人生が変わりました。


もう「死にたい!」なんて言ってたのは、 いったい何だったんだろう。。という気持ちです。

さらに、

永久返金保証制度 もありますから


試しに使ってみて、 万が一効果が無ければ返金してもらうも良し。。 効果があれば継続して使うのも良し。

私みたいに重度のワキガでさえ克服してしまうのだから、 全てのワキガに効果がある。
それだけは自信をもっておススメできます。

さて、
「死にたい!」と悩んでいる「あなた」。。
人生を180度変えてみませんか?



ワキガ手術に行く前にクリアネオ