【 目次 】

ワキガを手術以外で治す方法はあるのか?

手術以外で治す方法がないのなら諦めるしかないのか

ワキガ手術以外で臭いの元となる脇汗を止める方法

手術以外でワキガを治す方法は、シッカリしたケアが大事


.

ワキガを手術以外で治す方法はあるのか?

今回は
「ワキガを手術以外で治す方法はあるのか?」
というテーマでお話ししていきましょう。

まず最初に理解しておいて欲しいのは、

ワキガは生まれ持った体質
であるということですね。

体質には色々あります。
・アトピー
・薄毛、ハゲ
なども、遺伝だったり、突然変異だったりはしますが、 体質には変わりありません。


本来、体質というのは、手術で治るものではなく、 手術以外の治療法で、長い年月をかけて改善していくものです。

恐らく、手術で体質を治す方法があるのはワキガくらいでしょう。

ご存知の方も多いと思いますが、 ワキガの原因は「アポクリン汗腺」という汗腺から出る汗が原因です。



ワキガ手術の目的は、 このアポクリン汗腺を1つ残らず取り除くことです。

けれども、

・再発
・傷跡が残る
・脇の下の皮膚の色が黒ずむ

といったトラブルや、傷跡残る、といったように、防ぎようがないことが付きものです。

こういったリスクは、ワキガの症状が重ければ、重いほど高くなるので、 ワキガ手術をしたからといって、100%満足がいくものではありません。

私も過去にワキガ手術をした経験がありますが、 やはり再発してしまった苦い経験があります。

残ったのは、一生消えることのない傷跡だけでした。

結論から言ってしまうと、

ワキガは手術以外(成功すればの話しですが)で治す方法は無い。 と思ったほうがいいです。

手術以外で治すという事は、
アポクリン汗腺を手術以外の方法で消滅させる ことを意味します。

しかし、
これだけ医学が発達した現代でも、 飲み薬や塗り薬でアポクリン汗腺を消滅させる薬は開発されていません。

そんな「夢のような薬」を1日でも早く開発してくれるのを願うばかりですが、 残念ながら、今のところ、そういった薬が無い以上、 手術以外でワキガを治す方法はないんです。

.

手術以外で治す方法がないのなら諦めるしかないのか

では、
手術以外でワキガを治す方法が無いのなら、 一生、ワキガの汗や臭いに悩まされ続けなければいけないのでしょうか?

そんなことはありません。

ワキガに悩んでる人は
・大量の脇汗
・強烈な臭い
この2つの症状があるからですよね。

ちょっと冷静に考えてみましょう。
そもそもワキガの臭いは、 アポクリン汗腺から出る汗が原因です。

ワキガの汗には、普通の汗とは違って、


・アンモニア
・脂質
・タンパク質


など、様々な「臭い成分」で作られています。

実際、汗自体には臭いはないんですが、 これらの臭い成分を主食(大好物)にしている雑菌がいます。


その雑菌は 「ジフテロイド菌」 と言って、 臭い成分を食べることでガスを発生するのですが、 このガスがワキガの臭いに変化します。



逆な発想をすると。
脇汗さえ出ないようにしてしまえば、 臭いも発生しない ということではないですか?

「それは分かるけど、脇汗を出なくするなんて無理でしょ!」
と、言われてしまいそうですが、 諦めるには早すぎます。

脇汗を止めるには、色んな方法がありますが、 いくつか紹介していきましょう。。

.

ワキガ手術以外で臭いの元となる脇汗を止める方法

ワキガ手術以外で脇汗を止める。。。
つまり、アポクリン汗腺を残したまま脇汗だけを出さなくする方法など、 本当に可能なのでしょうか?

同じワキガでも、人によって
・軽度のワキガ
・中程度のワキガ
・重度のワキガ
と、大体3つの症状に分けられますが、 症状によって、脇汗を抑える方法も違ってきます。

女性の方なら大抵知っていると思いますが。
「収れん作用」といって、 毛穴を引き締めることで、脇汗を抑えることもできるのです。



手軽に手に入れることができて、 「収れん作用」があるものを、いくつか紹介していきますので、 ワキガの症状の度合いによって試してもらうのも良いでしょう。


脇汗対策1 制汗クリーム

市販の制汗剤には
・クリームタイプ
・スプレータイプ
・シートタイプ
など様々な種類がありますが、
毛穴の引き締め効果が最も強いのがクリームタイプ 制汗剤です。

商品イメージ


■ メリット ■
・毛穴を引き締めて脇汗を抑える
・殺菌効果で臭いを発生させない
・軽度のワキガの人には効果大

■ デメリット ■
・塗り直しが必要

脇の下をアルコールティッシュなどで消毒した後、 毛穴に浸透するように、よく塗りこみます。

ワキガの度合いによっては、 効果が続く時間も短くなってくるので、 その都度、塗り直す必要がでてくる可能性もあります。

ごく軽度のワキガの場合、 特に汗をかくような運動などしなければ、 効果は期待できます。

男性の場合、脇毛にばかりついてしまって、 毛穴まで届かないケースもあるので、 脇毛は出来るだけ短めのカットするようにしましょう。



脇汗対策2 重曹

粉末状の重曹を水に溶かし、 「重曹水」 として使う事で、脇の下の毛穴を引き締めることが出来ます。


イメージ画像


【 重曹水の作り方 】
1.500mlのペットボトルを用意
2.粉末状の重曹を小さじ5杯入れる
3.水道水をペットボトル満タンに入れる
4.よく振る

これで「重曹水」は完成。

一度、脇の下をキレイにして、 重曹水をガーゼなどに浸してから、脇の下の皮膚を拭くだけです。



脇汗対策3 ミョウバン

ミョウバンも重曹と同様に、 水に溶かして「ミョウバン水」として使います。

ミョウバンの特徴は、毛穴の引き締め効果に加え、「 殺菌効果 」 にも優れていることです。


イメージ画像

【 ミョウバン水の作り方 】
・1.5ℓのペットボトルを用意
・粉末状のミョウバンを大さじ4杯入れる
・水道水をペットボトル満タンに入れる
・よく振る

これで「ミョウバン水」は完成です。

コチラも、重曹と同様に、清潔にした脇の下を、 ガーゼなどに湿らせたミョウバン水でよく拭きます。



脇汗対策4 ワキガ専用クリーム

ワキガ専用クリームは、 制汗クリーム、重曹、ミョウバンを試してみて
・納得いく効果が無い
・1日に何度も塗り直すのが面倒
・中程度~重度のワキガ
という方におススメです。

「収れん作用」は、毛穴を引き締めることで脇汗を抑えることが出来るのですが、 正直、効果が続く時間は
・中程度のワキガで4~5時間
・重度のワキガで2~3時間
が限界です。

本来、毛穴というのは開いた状態が正常なので、 それを無理やり閉じても、元に戻ろうとするのが人間の体の自然な働きですから、 長時間は、どうしても無理があります。

では、
「ワキガ専用クリーム」と他の方法とでは何が違うのでしょう。


ワキガ専用クリームには、パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が入っていて、 この成分が 金属でできた鉛の粒子 を作り出します。

この金属の粒子が毛穴自体にフタをしてしまうのです。
収れん作用だけでは、毛穴は元に戻ろうとする力が働きますが、 毛穴にフタをしてしまう事で、完全に脇汗の排出をブロック し、 洗い流すまでは剥がれることはありません。

それによって、脇汗を長時間ストップさせることができるので、 1回塗れば、洗い流すまで効果が続くわけです。

更に、最初にお話しした、 臭いを作り出す「ジフテロイド菌」を思い出してください。



このジフテロイド菌は、非常に生命力が強いので、 アルコールなどで消毒しても、なかなか死滅しません。


唯一ジフテロイド菌を死滅させることができるのが、 「柿タンニンエキス」 といって、渋柿1個から、わずか1%程度しか摂取できないエキスです。

そして、ジフテロイド菌は、柿タンニンエキスを苦手としているので、 寄せ付けない効果があります。


・金属鉛で毛穴にフタをする
・柿タンニンでジフテロイド菌を寄せ付けない

このダブル効果で、 重度のワキガでも1日中脇汗を抑えることができ、 しいては臭いの発生を防ぐことができるのです。

.

手術以外でワキガを治す方法は、シッカリしたケアが大事

ここまでお話ししてきたように、 ワキガはアポクリン汗腺を手術で取らない限り、治す方法がありません。

例えワキガ手術をしたとしても、 様々なリスクを覚悟のうえで行う必要があります。

私も、同じワキガ経験者として、 個人的な意見を言うならば。

手術以外の方法。。。
つまり、
シッカリしたケアで、ワキガの症状を抑えるのが一番 だと思います。

今回は、ワキガ対策として

・制汗クリーム
・重曹
・ミョウバン
・ワキガ専用クリーム

を紹介させて頂きましたが、 ワキガの症状は、人によって度合いに差がありますから、 どの方法なら自分に合っているのか?を試してみてください。

ワキガ対策のポイントは

・脇汗を抑えること
・ジフテロイド菌を死滅させること


実は、この2点だけシッカリ行っていれば、 手術以外でも、ワキガの症状は十分抑えられる。。 ということを理解しておいてくださいね。



ワキガ手術に行く前にクリアネオ